Hot Best Seller

Free talk about music and its education: The actual situation of Japanese music and education that music person talk about Hoindachi (Tomo-books)

Availability: Ready to download

先ず、筆者33歳のお囃子づくり授業の意味で扉とした。第1章では宇多田ヒカル、小田和正、子方とジャニーズ事務所、百恵ちゃん、ケートブッシュ、中島みゆきとユーミンと聖子ちゃんのコブシの魅力について、狩人とケミストリーと郷ひろみ、そして大御所の美輪明宏、森進一、千昌夫そして遠藤実と山本リンダも加えて論じる。第2章ではあくまで理屈っぽく過剰蕩尽論や授業案でコブシの大切さを強調する。第3章では最近復活しつつある和泉元彌家元の件から音楽科の通信簿、コンクール、ウィーン少年合唱団、クラシック音楽の高慢を訴え、果ては五線譜など読まなくてよいと言い抜ける。箸休めに美しい瞬間を清涼剤としておいて、コンクールを再度血祭りにあげ(実はとてもあげきらない!)、絶対音感はつけるな!能のひしぎ(能のはじめにある笛の高音)はすばらしいと宣う。書きたいことを脈絡も失うほどに 先ず、筆者33歳のお囃子づくり授業の意味で扉とした。第1章では宇多田ヒカル、小田和正、子方とジャニーズ事務所、百恵ちゃん、ケートブッシュ、中島みゆきとユーミンと聖子ちゃんのコブシの魅力について、狩人とケミストリーと郷ひろみ、そして大御所の美輪明宏、森進一、千昌夫そして遠藤実と山本リンダも加えて論じる。第2章ではあくまで理屈っぽく過剰蕩尽論や授業案でコブシの大切さを強調する。第3章では最近復活しつつある和泉元彌家元の件から音楽科の通信簿、コンクール、ウィーン少年合唱団、クラシック音楽の高慢を訴え、果ては五線譜など読まなくてよいと言い抜ける。箸休めに美しい瞬間を清涼剤としておいて、コンクールを再度血祭りにあげ(実はとてもあげきらない!)、絶対音感はつけるな!能のひしぎ(能のはじめにある笛の高音)はすばらしいと宣う。書きたいことを脈絡も失うほどに感情的に述べた音楽エッセイである。日本の音楽や教育を論じるときの一つの気付け薬になればと思い、本心をそのまま書いた。読者は是非、この内容に反論と反感をもって理屈回しの海に船出してほしい。まとめも終わりもハッキリしないのはこの本が単なるきっかけだからであӚ


Compare

先ず、筆者33歳のお囃子づくり授業の意味で扉とした。第1章では宇多田ヒカル、小田和正、子方とジャニーズ事務所、百恵ちゃん、ケートブッシュ、中島みゆきとユーミンと聖子ちゃんのコブシの魅力について、狩人とケミストリーと郷ひろみ、そして大御所の美輪明宏、森進一、千昌夫そして遠藤実と山本リンダも加えて論じる。第2章ではあくまで理屈っぽく過剰蕩尽論や授業案でコブシの大切さを強調する。第3章では最近復活しつつある和泉元彌家元の件から音楽科の通信簿、コンクール、ウィーン少年合唱団、クラシック音楽の高慢を訴え、果ては五線譜など読まなくてよいと言い抜ける。箸休めに美しい瞬間を清涼剤としておいて、コンクールを再度血祭りにあげ(実はとてもあげきらない!)、絶対音感はつけるな!能のひしぎ(能のはじめにある笛の高音)はすばらしいと宣う。書きたいことを脈絡も失うほどに 先ず、筆者33歳のお囃子づくり授業の意味で扉とした。第1章では宇多田ヒカル、小田和正、子方とジャニーズ事務所、百恵ちゃん、ケートブッシュ、中島みゆきとユーミンと聖子ちゃんのコブシの魅力について、狩人とケミストリーと郷ひろみ、そして大御所の美輪明宏、森進一、千昌夫そして遠藤実と山本リンダも加えて論じる。第2章ではあくまで理屈っぽく過剰蕩尽論や授業案でコブシの大切さを強調する。第3章では最近復活しつつある和泉元彌家元の件から音楽科の通信簿、コンクール、ウィーン少年合唱団、クラシック音楽の高慢を訴え、果ては五線譜など読まなくてよいと言い抜ける。箸休めに美しい瞬間を清涼剤としておいて、コンクールを再度血祭りにあげ(実はとてもあげきらない!)、絶対音感はつけるな!能のひしぎ(能のはじめにある笛の高音)はすばらしいと宣う。書きたいことを脈絡も失うほどに感情的に述べた音楽エッセイである。日本の音楽や教育を論じるときの一つの気付け薬になればと思い、本心をそのまま書いた。読者は是非、この内容に反論と反感をもって理屈回しの海に船出してほしい。まとめも終わりもハッキリしないのはこの本が単なるきっかけだからであӚ

0 review for Free talk about music and its education: The actual situation of Japanese music and education that music person talk about Hoindachi (Tomo-books)

Add a review

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Loading...